FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/09/26

王家の血筋

世が世ならトンヌラとかいう珍妙な名前で王様になっていたであろうことはプロローグを見て知っていたが、速攻王様就任を要請されるとは思わなかった。野心というものがないのか叔父上よ。
叔父との血みどろの戦いとか、地味な従妹とのどろどろとかをへて「所詮血塗られた道か・・・」とかいう流れを期待しとったのに。軟弱モノめ。

で、御付の大臣がごねるので仕方なく王家の紋章とやらを取りに行った。
ちょっとパズルっぽい仕掛けがあったけども5秒で粉砕。
帰り道で当然のように待ち伏せにあい、瀕死の目にあわされるがかろうじて生還。まじめにこつこついい装備を買い集めておいてよかった。
つうか別に無理に王様にしてもらわなくてもいいんだよ?ほら俺新婚で幸せだし。


ところでカンダタって誰だっけ?なんかなつかしい名前のような気がするのだが・・・

コメント

非公開コメント

カンダタ=犍陀多
芥川なんてまじめに読んだことないので完璧に忘れてました。
それよりドラクエ3でも出てきたんだね。それで懐かしく思ったわけか。んー納得。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。